Splunkのトレーニング + 認定

Building Splunk Apps

Splunkのトレーニング + 認定に関する最新の資料(英語)はこちら

コースの説明

この2日間のコースでは、Splunk Enterprise Appsの開発について取り上げます。
Splunk Web Frameworkを使用して
Appsを作成したい上級ユーザー、管理者、開発者を対象としています。主に、アプリケーション開発の計画、データジェネレーターとデータ入力の作成、REST API、セットアップ画面、KVストア、Appのパッケージ化についてご説明します。


インストラクター主導のトレーニングスケジュール

コースの前提条件

クラス:
  • Splunk Fundamentals 1 & 2
  • Creating Dashboards
  • Advanced Dashboards and Visualizations
  • Splunk Enterprise System Administration (推奨)
推奨するスキル:
  • HTML、CSS、XMLの経験
  • JavaScriptの経験
  • ターミナル向けテキストエディター(vi、nanoなど)の使用

コーストピック

  • App開発の計画
  • データの追加
  • Appsの作成
  • KVストアの作成
  • Splunk REST APIの使用
  • Appsのパッケージ化

コースの目的
 

モジュール1 – App開発の計画
  • 開発環境の構築
  • Appのパフォーマンスの改善
  • Splunkログファイルの確認
  • セキュリティのベストプラクティスの使用
  • データジェネレーターの作成
モジュール2 – Appsの作成
  • Splunk Web Frameworkアーキテクチャの説明
  • Splunk Appsの構築方法の確認
  • Appsとアドオンの管理
  • Appの作成
  • Appのプロパティの設定
  • Appのナビゲーションの作成
モジュール3 – データの追加
  • データ入力の種類のリスト
  • データの追加方法の確認
  • スクリプト入力をいつ使用するかについての説明
  • モジュール入力の作成
モジュール4 – REST APIの使用
  • Splunk REST APIの仕組みの説明
  • APIエンドポイントの説明
  • KVストアの仕組みの説明
  • KVストアの作成
  • KVストアを利用するルックアップの使用
モジュール5 – Appsのパッケージ化
  • Appのセットアップ画面の作成
  • サーチ時の優先順位の定義
  • ローカルとデフォルトの違いの説明
  • Appのパッケージ化