Splunkのトレーニング + 認定

Using Splunk APM to Monitor Microservices-based Applications 

Splunkのトレーニング + 認定に関する最新の資料(英語)はこちら

コースの説明

この1日のバーチャルコースは、開発者とDevOpsチームを対象としています。このコースではSplunk APMを使って、トレースの分析や、マイクロサービスベースのアプリケーションのトラブルシューティングとモニタリングを行う方法をご紹介します。対面で行う講義と実習を通じ、分散トレーシングの使用や、Splunk APM Appを使用したトレース分析、APMメトリクスの可視化やアラート生成について詳しく説明します。

インストラクター主導のトレーニングスケジュール

コースの前提条件

必要条件:
  • Splunk IMの使用経験
  • Splunk IMメトリクスの可視化とアラートに関する基本的な知識

コーストピック

  • いつSplunk APMを使用するか
  • エンドツーエンドで収集したトレースの表示と分析
  • 問題の根本原因の特定

コースの目的
 

モジュール1 – Splunk APMの概要
  • Splunk IMおよびAPMソリューションの説明
  • Splunk APMの主要要素の確認
  • トレースとログの違い
モジュール2 – Splunk APMの操作
  • Splunk APMに関する用語の説明
  • Splunk APMのビルトインのダッシュボードとアラートテンプレートの操作
モジュール3 – Splunk APMを使用したトラブルシューティング
  • カスタムダッシュボードとアラートの作成
  • データリンクの変換
  • アラートトリガー後の問題のトラブルシューティング