Splunkのトレーニング + 認定

Kubernetes Monitoring with Splunk

Splunkのトレーニング + 認定に関する最新の資料(英語)はこちら

コースの説明

この1日のバーチャルコースは、Kubernetesクラスターへの導入と管理を担当するサイトリライアビリティエンジニア、DevOpsエンジニア、アプリケーション開発者を対象としています。このコースでは、SplunkでKubernetesインフラを監視およびトラブルシューティングするのに必要なスキルを学んでいただきます。Kubernetes用のビルトインのツールを使用して、Kubernetes環境の状態を追跡し、アラートを生成して、多面的な観点でクラスターの調査を行い、障害の予兆を捉える方法をご説明します。対面で行う講義と実習を通じ、クラスターやジョブの実行の監視を様々な方法で可視化、自動化する方法をご紹介します。

インストラクター主導のトレーニングスケジュール

コースの前提条件

必要条件:
  • Using Splunk Infrastructure Monitoring

コーストピック

  • Splunk for Kubernetesの概要と用語
  • SplunkのKubernetes用ツール
  • Kubernetes監視の仕組み
  • Kubernetes環境の詳細表示
  • Kubernetesのダッシュボードグループ
  • ディテクターとアラートを使用した監視の自動化

コースの目的
 

モジュール1 – コースの概要
  • Kubernetesの概要と用語 
  • 監視とメトリクスの概要 
  • Kubernetes用のSplunkのツール
モジュール2 – SplunkのKubernetes用ツール
  • Navigator Infrastructure 
  • 監視ツール 
  • ビルトインのKubernetes用ダッシュボード 
  • これらのツールを使用した実習
モジュール3 – Kubernetes監視の仕組み
  • スマートエージェントでKubernetesのメトリクスを収集する仕組み 
  • 概要:メトリクスの概要、メトリクスの時系列、プロパティ 
  • Kubernetesの監視に使用するメトリクス 
  • 指標カタログを使用してメトリクスを調べる
モジュール4 – Kubernetes環境の詳細表示
  • Kubernetes環境のグラフィカルなマップの表示 
  • Kubernetesのリソースの状態を表示する各種の方法 
  • Kubernetesのイベントの表示 
  • Cluster Analyzerを使用して問題の根本原因を特定する 
  • 異常値のグラフおよび相関グラフの作成
モジュール5 – Kubernetes用のダッシュボードグループ
  • ビルトインのダッシュボードを使用したKubernetesの監視
  • ダッシュボードを使用した問題の調査
  • ダッシュボードと他のKubernetes用ツールの比較
  • クラスターサービスの表示
  • カスタムグラフの作成
モジュール6 – ディテクターとアラートを使用した監視の自動化
  • ディテクターを使用してメトリクスを監視する方法
  • Kubernetesの監視で一般的に使用されるディテクター
  • 複数の方法でディテクターを作成する
  • KubernetesのリソースイベントをSplunkに転送する