Splunkのトレーニング + 認定

Advanced Monitoring of Microservices Applications Using Splunk APM

コース概要

このコースは、開発者や DevOps を対象としており、アプリケーションをインスツルメンテーションして SplunkAPM にトレースを送信する方法を学ぶことができます。ディスカッションやハンズオンを通じて、Splunk APM を導入し、コードを変更することなくトレースを送信する自動計測を使用する方法を学びます。手動計測を使用してスパンを作成し、スパンにメタデータを追加します。また、OpenTelemetry Collector の設定と導入方法についても学びます。

インストラクター主導のトレーニングスケジュール

Course Prerequisites

Required:
  • Monitoring your Microservices-based Applications Using SignalFx

Course Topics

  • When to Use SignalFx Microservices APM
  • Deploy the SignalFx Smart Agent and SignalFx Smart Gateway
  • Instrument Applications to Send Traces to SignalFx

Course Objectives
 

Module 1 – Overview
  • SignalFx Architecture
  • How SignalFx monitors microservices environments
  • Key elements of Microservices APM
Module 2 – Set up Microservices APM
  • SignalFx Microservices APM architecture
  • Deploy the SignalFx Smart Agent
  • Deploy SignalFx Smart Gateway and Smart Gateway Cluster
Module 3 – Send Traces to SignalFx
  • Various instrumentation options
  • Differentiate between Auto and Manual instrumentations
  • Add traces and span tags