Splunk Core Certified Power User

認定トラックのフローチャートをこちらからダウンロードできます。

Splunk Core Certified Power User は、SPLのサーチとレポートに係るコマンドの基本を理解しており、Splunk Enterprise または Splunk Cloudのプラットフォームにおいて、ナレッジオブジェクトの作成、フィールドエイリアスと計算フィールドの使用、タグとイベントタイプの作成、マクロの使用、ワークフローアクションとデータモデルの作成、CIM (Common Information Model) を使用したデータの正規化を実施することができます。この認定は、Splunk のコアソフトウェアに対する基礎的な能力を証明するものです。

  

Splunk Fundamentals 1

このコースでは、Splunkでのサーチとナビゲーション、フィールドの使用方法、データに基づく統計やレポートの作成、ダッシュボード、ルックアップ、アラートの機能についてご自身のペースで学ぶことができます。Splunkのデータセット機能やピボットインターフェイスについてもご紹介します。
 

認定試験

Splunk Core Certified Power User になるには、Splunk Core Certified User の試験を完了を推奨しています。

詳細については、試験登録チュートリアルおよび認定に関する FAQ をご覧ください。

Splunk Fundamentals 2

この4日間のバーチャルコースでは、追加のSPLコマンド、フィールドエイリアスと計算フィールドの使用、タグとイベントタイプの作成、マクロの使用、ワークフローアクションとデータモデルの作成、CIMを使用したデータの正規化についてご説明します。

認定試験

ご自身の知識を試しましょう。

試験登録チュートリアルで登録プロセスをご確認いただけます。また、Splunk Core Certified Power User テスト計画を活用して試験準備を進めることができます。

ご健闘をお祈りします。