抗不正行為、盗難、悪用対応ニーズへの対応

不正行為、盗難、悪用の検知・防止は、特にオンラインビジネスが活発になっている現在では、大容量データにおける難問です。内外の不正行為のパターンが頻繁に、ビジネスアプリケーションやシステムで作成される未構造化マシンデータやログファイルの膨大なデータの中に埋もれています。

Splunk®ソフトウェアにより、対不正行為、盗難、悪用チームの幅広い対応ニーズに適合するために、このマシンデータを利用することができます。

  • 不正行為検知-リアルタイム関連付け検索や異常検知により、それが発生した時に特定および警報発信を行うことができ、収益に悪影響が発生する前にその不正行為を防止する措置をとることができます。
  • 不正行為調査により、大量の現在・過去のマシンデータを検索・ピボットし、潜在的な不正行為のリサーチを実行し、それに関する"誰が、何を、どこで、いつ、どのように"を把握できるようになります。
  • 不正行為分析とレポーティングは、幅広いユーザーの不正行為リスクの分析、計測、管理を容易にします。
  • 抗不正行為ツールを改善し、データ格納庫ツールからのイベントデータをインデックス化して、単一のトランザクションに対する総合不正行為スコアを設定することができます。
  • 統合されたレポートとダッシュボードを作成し、極細部における企業規模の不正行為リスクを確認できます。
グローバル小売企業の不正行為検知事例

"オペレーショナルインテリジェンスがEコマースサイトでの不正行為のような悪意の利用に対応できることを、当社のSplunkソリューションはたびたび証明しています。不正行為やサーバー攻撃の犯人はより賢くなっているかもしれませんが、Splunkソフトウェアのおかげで我々も賢くなってます。"

-大手グローバル小売企業アプリケーションセキュリティエンジニア


ケーススタディを読む

不正行為パターンはどのようなもの?

不正行為のパターンは様々なので、Splunkソフトウェアではお客様が固有ビジネスに適応させた独自の検索事項を作成して不正行為を検知することができるようにしています。ここにあるいくつかの不正行為・悪用事例は、完全に異なる業界のもので、関連する不正行為のパターンがどのようなものかわかります。Splunkソフトを利用することにより、これらの各パターンをリアルタイム検索に移行させ、その作成検索パラメータに合値した時に警告が発信されるようにできます。


Splunk Fraudロゴ

不正行為エキスパートに聞く

専門:ジョー・ゴールドバーグ 事件調査/対応、フォレンジック、不正行為、SIEMを含むセキュリティユースケースに対するSplunkの使用

連絡先
expert