業界標準接続性

マシンデータからの洞察は非常に貴重ですが、ビジネスユーザーが今ある分析ソフトウェアから、これらの洞察にアクセスするにはどうすればいいでしょうか?Splunk ODBC Driverを利用して、Splunk® Enterprise と、Microsoft ExcelやTableau Desktopなどのサードパーティ可視化ツールとの間で、業界標準接続が可能です。ビジネスユーザーは貴重なマシンデータにアクセス可能なダイナミックアクセスを得られるようになり、組織のほかのデータと組み合わせたり、新しいパワフルな可視化や洞察を提供できるようになります。

Splunk ODBC Driverの利点:

  • Splunk Enterpriseへの業界標準接続性
  • マシンデータへの直接的で安全なアクセスをビジネスユーザーに提供
  • よりよいオペレーショナル状況のためマシンデータと構造化されたデータを組み合わせる

Splunk ODBC Driverが選ばれる理由

標準のODBCに基づく接続を使用し既存のビジネスアプリケーションでSplunk Enterpriseからのデータの取得が可能です。


役割に基づくアクセス

Splunk Enterpriseが提供する役割に基づくアクセスコントロールを活用することで、機密のマシンデータへのアクセスを制御します。

マシンデータ分離

Splunk Enterprise内の保存済み検索でマシンデータを読み、このデータのみにアクセス可能とします。

マシンデータ整合性

データ整合性の保存‐マシンデータアクセスは読み取り専用で、Microsoft ExcelやTableau Desktopからアクセスした場合でも、変更、書き換え、あるいは削除はできません。



機能


ODBCワークフローダイヤグラム

製品要件

オペレーティングシステム

ODBC Driver は以下のMicrosoft Windowsオペレーティングシステムで利用可能、サポートされています:

  • Windows 7
  • Windows 8.x
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

Splunkバーション

  • Splunk Enterprise 6
  • Splunk Enterprise 5.x

サポートされているサードパーティツール

  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Excel 2011
  • Tableau Desktop 8.x

その他の要件

Splunk ODBC Driverが作動しているコンピューターはMicrosoft Visual C++2010 Redistributable Packageが必要になります。



ODBCエキスパートに聞く

シャラド・カイラサム

専門:Microsoftテクノロジーを使用するエンタープライズインフラストラクチャのモニタリングと管理

連絡先