機能の説明

可視化

可視化

可視化により、調査時、またはダッシュボードおよびレポート内でのデータの操作や分析が簡単に実行できます。複雑なデータの分析結果を理解するには適切な可視化機能が役立ちます。豊富な可視化機能から、適切なダイヤグラムを見つけ、結果を組織の重役会議室、戦略会議室でも提供することができます。Splunkbase には、幅広い Splunk 提供のビジュアルに加えて、お客様やパートナーが簡単に新しいビジュアルを作成し、コミュニティで利用できるような開発フレームワークが含まれます。

Splunk ソフトウェアで利用可能な可視化機能は、シンプルなものから複雑なものまで広範囲に及びます。グラフのような簡単なものやパンチカードグラフのような複雑なものとして使用できます。一目で指標を素早く表示し、現在の問題にスポットを当てたい、または、ダッシュボードに地理空間マップを表示して、ユーザーが問題やニーズを把握できるようにしたい場合、可視化機能が効果的です。

あらゆるニーズに対応する可視化機能

多くの可視化機能は、IT、セキュリティ、ビジネス分析といったユースケースで見られる一般的なデータセットの分析や操作に使用できます。

タイムライン

タイムラインは、タイムライン上にプロセスの開始/終了/継続を表示し、一般的に IT により使用され、長期間稼動するプロセスの調査やバッチプロセスの監視に活用されます。また、ビジネス分析にも使用され、注文プロセスを素早く表示します。

パンチカードグラフ

パンチカードグラフは、セキュリティと IT の両方により使用されます。IT が活用する、「パンチカードグラフ」として 2 つの面で役立つメトリクスの明確な可視化機能:時間と曜日はリソース計画に最適、セキュリティ担当者は同じ可視化機能を活用して時間軸に基づいて動きを分析可能。

水平グラフ

水平グラフは、小さなスペースで長期の時系列においてベースラインを上回っているか、下回っているかを判断するのに最適です。これらはベンチマーク分析に最適です。

その他多数

Splunkbase から可視化機能をインストールしていつでも使えるようにしましょう。