ユースケース

Real User Monitoring (RUM)

Webブラウザのパフォーマンスを包括的に可視化し、トラブルシューティングの所要時間を短縮。

RUM製品

開発者にインサイトをもたらすログに迅速かつ直感的にアクセス

エンドツーエンドの可視化 エンドツーエンドの可視化

エンドツーエンドの可視化

視覚的なインターフェイスでログを調査し、フィルタリングによって重要な結果だけを表示

問題を迅速に特定 問題を迅速に特定

問題を迅速に特定

コンテキストがわかるように整形されたログにより、調査とワークフローをすばやく簡単かつ確実に実行

ユーザーエクスペリエンスの向上 ユーザーエクスペリエンスの向上

ユーザーエクスペリエンスの向上

サービスコンテキストの追加により、ログ監視、インフラ監視、APMをシームレスに切り替え

製品機能

スタック全体で遅延を解消して快適なユーザーエクスペリエンスを提供

顧客に影響する問題を迅速にトラブルシューティング

サーバー側で生成される従来のマルチページアプリケーションでも、クライアント側で生成される最新のシングルページアプリケーションでも、すべてのページ、リソース、動的コンポーネント、サードパーティの依存サービスのエラー、遅延、異常を検出して解決できます。

顧客に影響する問題のトラブルシューティング

スタック全体で遅延を解消

Webブラウザからバックエンドサービスまでの全過程について、精度の高いデータ取り込み、OpenTelemetry標準、サンプリングなしのトレーシングにより、すべてのトランザクション、リソース、依存サービスの問題をすばやく特定し、切り分けて、MTTRを短縮できます。

遅延の解消

ユーザーエクスペリエンスをベンチマークして改善

Google社のコアウェブバイタルに基づいて、ページの読み込み、操作性、表示の安定性を測定し、改善できます。影響の大きいJavaScriptエラーを特定、修正し、改善効果の高いページを簡単に把握することもできます。

ユーザーエクスペリエンスの向上
すべてのコンポーネントとユーザーのアクティビティを測定

ページの読み込み単位ではなくセッション単位で、個々のブラウザリソースの操作ごとに、ユーザーアクティビティを追跡します。ブラウザと各種リソース間のXHR呼び出しを使用する最新のシングルページアプリケーションでもパフォーマンスを簡単に測定できます。

遅延の解消

Splunkでできること