false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)

Splunk、Gartnerの2014 Magic Quadrantレポートで

SIEMのリーダーポジションに選出

リアルタイムの運用インテリジェンス・ソフトウェア・プラットフォームのリーディングプロバイダーであるSplunk Inc. (NASDAQ: SPLK、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下Splunk)は、Gartnerの2014 Magic Quadrant* for Security Information and Event Management(SIEM)のLeaderに選ばれたことを発表しました。Gartnerは今回、世界中の数千の組織でセキュリティ用に使用されており、受賞経験もあるSplunkの2つの製品、 Splunk(r) EnterpriseSplunk App for Enterprise Securityを高く評価しました。レポートは、www.splunk.com/goto/SIEM_MQ_2014 より参照ください。

レポートの共同執筆者であるGartnerのプリンシパルリサーチアナリストKelly Kavanagh、マネージングバイスプレジデントMark Nicolett、リサーチディレクター Oliver Rochfordは、次のようにコメントしています。

「大手企業ではSIEMベンダーを評価し直して、導入が失敗した部分など、部分的、限定的にSIEM技術を入れ替る流れが続いています。特にニーズが高いのが、標的型攻撃と侵入を効果的に検出する機能です。これまで企業は早期の標的型攻撃の侵入検出に成功しておらず、侵入の92%以上は検出できていませんでした。しかし、強力な脅威インテリジェンス、挙動プロファイリングや優れたアナリティクスの追加によって、状況は改善することができます。多くの企業が当初のSIEM導入を3年かけて拡張し、より多くのイベントソースへの対応、リアルタイム監視の拡充を実現しています。」

SplunkのセキュリティマーケットバイスプレジデントであるHaiyan Songは次のように述べています。

「Magic Quadrant for SIEMのLeaderとしてSplunkが位置づけられたことは、今日のサイバー脅威の検出と対処のためにアナリティクス対応のセキュリティ運用センター(Security Operations Center:SOC)が不可欠で効果的だという傾向をさらに強めるものだと考えています。アナリティクスによって組織内のすべてのデータを収集、監視し、豊富なエンタープライズおよびグローバル脅威コンテキストで分析することができるため、SOCやセキュリティチームは状況を総合的に把握することができます。Splunkのお客様はSOCやセキュリティチームに状況認識機能や、さらに重要である迅速な調査と判断機能を提供することで、攻撃、高度で執拗な脅威、インサイダーの脅威、その他の運用上の問題に対して確実かつタイムリーに対応できるようにしています。これによって、運用のトランスフォーメーションを継続的に行っているのです。」

 

GartnerはSIEMのLeader Quadrantを次のように定義しています。「市場全体の要件に合致した機能を備えた製品を提供しているベンダーであること、SIEM市場内でインストールベースと売上の点でトップレベルであること、企業存続率スコアが比較的高いこと(SIEMの売上、または他の売上とSIEMの売上を合算することによる)。Leaderは現行の顧客要件に合致した技術を提供できるだけでなく、今後予想される要件に対するビジョンや実行能力も備えています。一般にマーケットシェアや売上成長率が高く、効果的なSIEM機能や関連するサービスとサポートに対して顧客からも高い評価を得ています。」

レポートを参照するには、 www.splunk.com/goto/SIEM_MQ_2014 にアクセスしてください。

*Gartner、『Magic Quadrant for Security Information and Event Management』、Kelly Kavanagh、Mark Nicolett、Oliver Rochford、2014年6月25日。GartnerはGartnerリサーチの発行物に掲載された特定のベンダーや製品、サービスを特定に支持することはありません。また最高の評価を得たベンダーのみを選択するように、テクノロジーのユーザーに助言することもありません。Gartnerリサーチの発行物は、Gartnerリサーチチームの意見を表したものであり、事実の報告書と解釈されるものではありません。明示的あるいは暗黙的に規定されているかどうかにかかわらず、Gartnerは商業的価値または特定目的への適合性の保証を含む、このリサーチに関するすべての保証を放棄します。

Splunkでは、年1回開催の第5回Splunkワールドワイド・ユーザーカンファレンス(.conf2014 )を10月6日~9日に、ラスベガスのMGM Grandにて開催します。 同カンファレンスでは、4,000名以上にものぼるSplunkの顧客、パートナー、専門家、および従業員による130以上のセッションが用意されています。こちらのウェブサイト( https://secure.jackmorton.com/conf2014/ ) からご登録いただけます。

Splunk Inc. について

Splunk(r) Inc.(NASDAQ: SPLK)は、リアルタイムのオペレーショナルインテリジェンス・ソフトウェア・プラットフォームのリーディングプロバイダーです。Splunk(r)のソフトウェアとクラウドサービスは、ウェブサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワーク、センサー、モバイル機器から生成されるビッグデータを、検索・監視・分析・可視化することを可能にします。世界90カ国以上の国で7,400以上の企業、政府機関、大学、サービスプロバイダーがSplunkのソフトウェアを利用し、ビジネスや顧客の理解を深め、サービスや稼働率の向上、コスト削減、サイバーセキュリティリスクの軽減を実現しています。SplunkではSplunk(r) Enterprise、Splunk CloudTM、Splunk Storm(r)、HunkTM、プレミアム Splunk Appsを提供しています。 詳しくは、 http://ja.splunk.com/ をご覧ください。

ソーシャルメディア:

Splunk、Splunk>、 Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Hunk, Splunk Cloud、Splunk Stormおよび SPL は、Splunk Inc.の米国および他の法域における登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。Copyright (c) 2014 Splunk Inc.  無断複写・転載を禁じます。

<本件に関する報道関係の方のお問合せ先> 株式会社井之上パブリックリレーションズ Splunk PR担当:高野、棚瀬 Email: splunk@inoue-pr.com TEL: 03-5269-2301 FAX: 03-5269-2305

 

本件に関する報道関係の方のお問合せ先
株式会社井之上パブリックリレーションズ Splunk PR担当:高野、棚瀬
Email:splunk@inoue-pr.com 
TEL:03-5269-2301    FAX:03-5269-2305

Splunk、Splunk>、 Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Hunk, Splunk Cloud、Splunk Stormおよび SPL は、Splunk Inc.の米国および他の法域における登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。Copyright © 2014 Splunk Inc.  無断複写・転載を禁じます。