ユースケース

仮想化の監視

仮想環境はデータセンターの機敏性を高めますが、問題の調査と解決も難しくなります。Splunk® ソフトウェアは、主要なハイパーバイザーやデスクトップ仮想化テクノロジーを対象に、仮想データセンターを包括的に監視します。仮想環境のデータを、IT インフラ全体で生成されたマシンデータと相関付けます。

仮想環境のカオスをコントロール:仮想環境を新たなアプローチで管理する

仮想化の監視で Splunk が選ばれる理由

最高の仮想化エクスペリエンスを実現したい場合、Splunk ソリューションによってパフォーマンスを監視すれば、仮想環境の可用性を確保し、問題が発生しても最低限の作業で迅速に修正できます。

Splunk で傾向分析、分析、レポート作成を正確に行うことで、ユーザーエクスペリエンス、リソース割り当て、変更管理を最適化できます。

Splunk を使用すれば、ユーザーまたはアプリケーションに関連する問題を基盤の物理、仮想、またはハイブリッドインフラ階層と関連付けて、エンドツーエンドの可視化を実現できます。

製品機能
プロアクティブな監視とトラブルシューティングを活用する
運用の健全性を一元把握
階層を横断する可視性

VMware 環境のワークロードと健全性を迅速に可視化します。CPU またはメモリのリソースを待機している VM、利用率が高すぎるか低すぎるホスト、容量不足が迫っているデータストアを検出することが可能です。仮想環境のマシンデータを他のテクノロジー階層のマシンデータと組み合わせることで、データセンターの KPI を 1 つの場所で包括的に可視化できます。

インタラクティブな VMware トポロジーマップ
VMware トポロジーをインタラクティブマップに可視化する

VMware トポロジーを可視化したインタラクティブマップを使用すれば、事前に定義されたしきい値に基づいて個別ノード (クラスター、VC、ホスト、VM) の健全性に関するインサイトを迅速に獲得できます。外れ値をすばやく検出し、傾向を視覚化し、仮想エンティティとパフォーマンスメトリクスを比較して経時的なパターンを把握できます。

容量レポート
リアルタイムの容量監視とアラート

アラートをプロアクティブに設定して容量監視をリアルタイムに実行することで、容量に関するリスクを評価できます。さらに、基準を設定し、容量の利用状況を把握し、傾向を分析して容量不足を特定することで、リソースの利用状況を最適化できます。ホスト、VM、データストアの CPU、メモリ、データ容量のニーズとパフォーマンスレベルを予測することも可能です。

splunkbase

仮想環境を管理する

Splunk App for VMware は、運用の可視性を高めて、ホスト、仮想マシン、仮想センターの詳細なパフォーマンスメトリクス、ログ、タスク、イベント、トポロジーを可視化します。管理者は環境の健全性について正確かつリアルタイムに把握し、パフォーマンスと容量に関するボトルネックをプロアクティブに特定できます。

金融部門

複雑な IT 環境で要求の厳しい顧客に対応する必要がある場合でも、その期待に応えることができます。
詳細はこちら

医療

HIE プラットフォームの基盤となる IT システムを分析して、現在の状態を確認できます。
詳細はこちら

公共機関

外部からの干渉を受けずに目的を達成
詳細はこちら