ユースケース

クラウドへの移行

クラウドへの移行を加速し、高いパフォーマンスを引き出すために必要な俊敏性と柔軟性を実現。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウド環境をフルスタックで可視化することで、ワークロード移行時のダウンタイムと障害を最小限に抑制。

クラウドへの移行 クラウドへの移行

クラウドネイティブに進化するにはリスクを最小限に

コストの詳細な管理 コストの詳細な管理

コストの詳細な管理

クラウドのコストを可視化して需要を予測

インフラ監視 インフラ監視

インフラに関するインサイト

詳細な使用状況レポートで十分に活用されていないインスタンスを特定し、オーバープロビジョニングを解消

スピードと信頼性を向上 スピードと信頼性を向上

スピードと信頼性を向上

環境を詳細に可視化してクラウド移行の信頼性を向上

customer background customer background

お客様事例

Acquia社、リアルタイムの問題解決でカスタマーエクスペリエンスを劇的に改善

 

お客様が『データを見たところ、もっと容量を増やす必要があることがわかりました』と言ってくるのは、お客様が自分のデータにアクセスできるからです。Splunkのおかげで、顧客満足度の達成が非常に容易になりました」。

Aaron Pacheco, Acquia社、シニアプロダクトマネージャ
製品機能

確実なクラウド移行でイノベーションを加速

キャパシティとコストを適切に管理

クラウドコストの最適化と詳細な使用状況レポートによって、インフラコストの上昇を抑えることができます。履歴データに基づいて需要を予測すれば、インスタンスのプロビジョニング計画を立てたうえで、購入するキャパシティを判断できます。システムに関する詳細なインサイトを活用して、拡張とリソース計画をモデル化することもできます。さらに、アベイラビリティゾーン、個々のサービス、インスタンスタイプ、顧客ごとに支出を確認することもできます。

キャパシティとコストの管理 キャパシティとコストの管理

業務効率化の機会を特定

トポロジーやベースラインとなるパフォーマンスを総合的に把握して、初期のオペレーショナルインテリジェンスを獲得できます。インフラの可用性とパフォーマンスを可視化すれば、業務の効率化と円滑な移行に役立つインサイトが得られます。システムとビジネスを可視化し、それぞれの健全性に関するメトリクスを相関付けて、意思決定に役立てることもできます。たとえば、リザーブドインスタンスとオンデマンドインスタンスのどちらをプロビジョニングすべきかについて、より適切に判断できます。

業務効率化の機会 業務効率化の機会

あらゆるリスクを回避してクラウドネイティブのメリットを実現

初めてのクラウド導入であっても、オンプレミスとクラウド間の移行であっても、クラウドの乗り換えであっても、単一のプラットフォームでレガシー環境とクラウド環境を一元的に可視化することで、クラウド移行のリスクを回避できます。リアルタイムの集約機能により、複数のクラウドと環境全体のKPIやワークロードを監視できます。さらに、サービスの遅延、CPU使用率、ホスト数などの重要なメトリクスを追跡することもできます。

クラウドネイティブのメリット クラウドネイティブのメリット
mosaic item 1

ホワイトペーパー

マルチクラウドモニタリングの戦略

ホワイトペーパーを読む
mosaic item 2

ウェビナー

クラウド移行に伴う運用監視の変革

ウェビナーを見る
mosaic item 3

ブログ

Splunk APMのBusiness Workflowsを活用してビジネスKPIを改善する

ブログを読む