ユースケース

インシデント対応

コンテキストに即したアラート、機械学習、効率的なコラボレーションを利用して、重要な修復データを収集しながら問題を迅速かつ効率的に解決。

インシデント対応の概要 インシデント対応の概要

詳細なコンテキスト、機械学習、効率的なコラボレーション

簡単で迅速な調査 簡単で迅速な調査

迅速なダウンタイム対応

アラートを適切な担当者に通知することで問題を迅速に修復。エスカレーションを減らし、より多くのインサイトを取得可能

オンコールタスクの自動化 オンコールタスクの自動化

オンコールタスクの自動化

オンコールスケジューリング、通知、サービスデスクとオンコールソフトウェアの同期、インシデント事後レビューの準備を自動化

オンコールエクスペリエンス オンコールエクスペリエンス

オンコールの効率化

優れたモバイルエクスペリエンスでオンコールに容易に対応。チームや担当者はそれぞれのワークスタイルに合った方法を選択可能

数千社のお客様が当社の製品を利用して自社の顧客にサービスを提供しています。そのため、当社では24時間365日体制でインフラの稼働状況を把握する必要があるのです。VictorOpsには、私がかつて経験した中で最も持続可能なオンコールスケジュールが搭載されています。

Bethany Ross Abbott氏 NS1社、テクニカル運用マネージャー
製品機能

オンコールの効率化

自動インシデントルーティング

オンコールスケジューリング、インテリジェントなエスカレーションポリシー、そして機械学習を組み合わせることで、適切なチームや担当者にアラートを通知できます。

自動ルーティング 自動ルーティング

シームレスなコラボレーション

チームに合った方法でコラボレーションできます。対応担当者を追加したり、コントロールコールを開始したり、緊急会議を効果的に開いたりすることができます。さらに、SlackやServiceNowなどのツールと統合してシームレスに連携することもできます。

シームレスなコラボレーション シームレスなコラボレーション

オンコールエクスペリエンスの改善

Splunk On-Callを使用すればオンコールを効率化できます。モバイルクライアントでインシデントの通知を受け取り、インシデントのコンテキストを確認して対応方法を判断できます。また、柔軟なスケジュールによって効率的なオンコールローテーションを設定し、インテリジェントなインシデントルーティングによって適切な担当者のみに通知を送ることもできます。

モバイルオンコール モバイルオンコール
学習ポータル

学習ポータル

オンコールとインシデント対応

On-Call 学習ポータル
mosaic item 2

ウェビナー

オンコールを効率化するための5つのヒント

ウェビナーを見る
mosaic item 3

ポッドキャスト

Ship Happens Podcast - Splunk On-Callを聞く

ダウンロードとサブスクライブ