ユースケース

監視と診断

リアルタイムの監視と診断でマシンの可用性を高める

監視と診断に Splunk を活用

種類の異なる産業データソースに対して、シンプルな監視、アラート、診断を実行

複雑な産業データを統合

IoT、センサー、アプリケーション、インフラストラクチャ、IT のマシンデータを、膨大な手間をかけることなく統合して相関付け

運用面の課題を診断

産業とビジネス両方のパフォーマンスメトリクスを 1 カ所で把握し、より広いコンテキストで問題を調査

情報過多を軽減

簡単に作成できる KPI とカスタムアラートで、問題の優先順位付けに集中

監視と診断で Splunk が選ばれる理由

Splunk を利用すると産業資産をリアルタイムかつ明確に把握できるため、メンテナンスの課題を事前に把握して予定外の中断を防ぐことができます。

Splunk の DB Connect を使用すると、ヒストリアンを含むさまざなま産業ソースからデータを簡単に取り込めるようになり、平均解決時間 (MTTR) を短縮できます。

Splunk では独自のアラートとカスタム KPI を簡単に作成できるため、干し草の山から 1 本の針を見つけるように問題を特定でき、貴重な時間を無駄にすることなく重要な問題に集中できます。

製品機能

産業資産の運用状態を正確に把握

ビューをシンプルに

資産を視覚的に監視し、重要な機器の状態と健全性を把握できます。センサー、カスタム KPI、およびその他のあらゆるデータソースから収集されたメトリクスに含まれる十分に豊富なコンテキストを活用してください。

重要なアクティビティを追跡

Formula Builder を使用すると、独自の KPI の作成やカスタマイズを簡単に実行し、それらを 1 カ所で表示できます。通知を設定してアラートを受け取ることで、重要なアクティビティに集中できるようになります。

ノイズを選り分ける

Splunk の条件およびアクションアラートを使用すれば、しきい値に応じた色分けができ、見た目が非常にわかりやすいメトリクスとなります。また、しきい値を超えた場合に備え、ダッシュボード、メール、または SMS を介したアラートを簡単に設定できます。

詳細な調査

診断ビューを使用すれば、メトリクスとアラームを時系列チャートで分析して問題のトラブルシューティングを行い、問題や異常の根本原因をリアルタイムに特定できます。

製造

IT ソース、OT ソース、IoT ソースの運用をリアルタイムに可視化して総合設備効率 (OEE) を最適化
資産の健全性を向上(英語)

エネルギーおよび公共事業

産業データのビューを統合することで運用担当者の可視性を高め、マシンのアップタイムを改善
継続的な運用を実現

公共機関

運用全体の効率を高めることで利益を増やし、顧客サービスを強化する
よりスマートな暮らしを提供