ユースケース

OT セキュリティ

分析主導型セキュリティで重要な産業資産を保護

IoT 向けの分析主導型セキュリティをより深く理解する

セキュリティを確保し、運用技術と資産の実状を正確に把握する

リスクを把握

運用技術 (OT)、SCADA、セキュリティインフラをリアルタイムで包括的に可視化

セキュリティ運用を効率化

異常なアクティビティを特定するアドホック検索と動的かつ視覚的な関連付けで迅速な調査を実施

本番稼働の中断を軽減

内外の脅威を手遅れになる前に検出して修復することで、本番稼働のダウンタイムを軽減

運用セキュリティで Splunk が選ばれる理由

OT 環境および ICS 環境でサイバーセキュリティの監視を効率的に実装します。複数のコントロールシステムと資産を網羅して安全を確保し、仮想プロセスと物理プロセスをサポートします。

風力発電機やパイプラインからオンプレミス資産まで、産業資産は常にその安全を維持する必要があります。システムとインフラストラクチャ全体で運用とセキュリティの可視性を高める Splunk の取り組みをご覧ください。

OT 環境を可視化できず、資産管理が十分に行われず、重要な OT コンポーネントを把握できなかったのは過去の話です。分析主導型の強力なセキュリティ体制で、セキュリティとコンプライアンスを確保します。

製品機能

継続的な監視とアラートで最も重要な産業資産を保護

適応性に優れた柔軟なセキュリティ

種類の異なるすべてのデータの相関付け、検索、可視化をリアルタイムですぐに行うことができ、カスタマイズも可能です。産業資産のセキュリティ体制を明確に可視化できるため、迅速かつ効果的に行動できます。

分析主導型の予測セキュリティ

マシンデータを取得して予測分析を適用することで、実用的なインサイトを得ることができます。Splunk の導入により、セキュリティチームはセキュリティインシデントの根本原因を正確に特定して修正できます。

                 Enterprise Security を見る(英語)

製造

IT ソース、OT ソース、IoT ソースの運用をリアルタイムに可視化して総合設備効率 (OEE) を最適化
資産の健全性を向上(英語)

エネルギーおよび公共事業

産業データを一元的に表示することで、運用担当者の可視性を高めるとともにマシンのアップタイムを改善
継続的な運用を実現

公共機関

運用全体の効率を高めることで利益を増やし、顧客サービスを強化する
よりスマートな暮らしを提供