マシンデータを活用して EU の一般データ保護規則に備える方法

2016 年 4 月、欧州議会は欧州連合 (EU) 圏内の個人のためにデータ保護を強化する基準を新たに採択しました。一般データ保護規則 (GDPR) は、EU 圏内でビジネスを行う企業の予測可能性と効率性を高める一方で、EU 市民のデータ保護権利を拡大するものです。ここに定められた基準に違反した企業には、厳しい罰金が科されます。

さらに、GDPR は EU 圏内の企業だけでなく、欧州市民向けに商品とサービスを提供している世界中の企業にも適用されます。

Splunk では、業界や展開手法 (オンプレミス、クラウド、ハイブリッド) に関係なくお客様の GDPR コンプライアンス プログラムをサポートできる 3 つのユースケースを特定しています。

右のフォームからご登録いただくと、「マシンデータによる GDPR コンプライアンスへの対応」を無料でご覧いただけます。このホワイトペーパーをお読みいただき、2018 年 5 月以降、お客様にとってマシンデータが役立つ以下のシナリオをご確認ください。

  • 実例に基づくシナリオに基づいて、GDPR 対策で考慮すべきリスクを管理する
  • ビジネスに影響がある GDPR の条文を理解する
  • マシンデータが GDPR の要件の遵守にいかに役立つかを理解する

今すぐダウンロード