a

ガートナー社は先頃、セキュリティ情報およびイベント管理のクリティカル・ケイパビリティレポート (2018 年版) を発表しました。同社はこのレポートの中で、多くのベンダーによって複雑化する状況で必要とされる 10 の SIEM 機能について評価しました。

その結果 Splunk は、基本的なセキュリティ監視ユースケース (4.03/5) と複雑なセキュリティ監視ユースケース (4.13/5) で最高のスコアを獲得しました。

お客様は、Splunk の高度なセキュリティ分析機能を利用して、SIEM とセキュリティ運用のニーズを満たし、脅威の検出、調査を強化して対応までの時間を短縮しています。また、コンプライアンスやインシデントレポート、一般的なセキュリティイベントの自動アラート、検出されたインシデントの履歴分析に役立つことも明らかになっています。

CISO や CIO などのセキュリティおよびリスクの責任者は、セキュリティについて情報に基づいた購入決定を行えるように、このガートナー社のレポートをぜひお読みください。そして 2018 年のセキュリティ情報およびイベント管理のマジック・クアドラントで Splunk がリーダーに選ばれた理由をご確認ください。

Splunk のセキュリティ ソリューションは世界中で高い信頼を得ています

ガートナー社『セキュリティ情報/イベント管理のマジック・クアドラント』、Kelly Kavanagh、Toby Bussa、Gorka Sadowski 共著、2018 年 12 月 3 日

ガートナー社は、同社の研究発表文書に記載されているベンダー、製品、サービスを裏付けるものではなく、技術ユーザーに最高評価を受けたベンダーのみを選択するよう勧めるものではありません。ガートナー社の研究発表文書では、同社の研究組織による意見が述べられており、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナー社は、商品性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本研究に関する明示的または黙示的な保証を一切放棄するものとします。
ガートナー社、AIOps プラットフォームのマーケットガイド、Pankaj Prasad、Charley Rich 共著、2018 年 11 月 12 日

ガートナー社『セキュリティ情報およびイベント管理のクリティカル・ケイパビリティ』、Toby Bussa、Kelly Kavanagh、Gorka Sadowski 共著、2018 年 12 月 3 日

今すぐダウンロード

a