a

ウェビナー

クラウド環境をフルスタックで可視化する

Splunk APMデモンストレーション

クラウド環境のフルスタックでの可視化、AIドリブンの監視・トラブルシューティングを行うことができるSplunk APMについて、デモンストレーションを交えたウェビナーです。

クラウド移行が進み、複数のアプリケーションの稼働状況や機能の応答時間を監視することでパフォーマンスの低下を検知し、全体を管理するAPM(アプリケーション性能管理)ツールの認知度が高まっています。顧客満足度の向上や問題点の早期発見と対応を図るために、クラウド環境をフルスタックで可視化するには、スキーマ不要で、あらゆるデータの収集が可能なツールが必要です。

ガートナー社が2020年マジック・クアドラントのAPM部門ビジョナリーに選出したSplunkのAPMソリューションは、最新アプリケーションに対応したオープンで制度の高いトレーシングを兼ね備え、クラウドネイティブ環境に対応した設計で問題をいち早く解決します。

情報システム部門において、クラウド環境の運用、アプリケーションの改善で課題を抱えている方々におすすめです。

スピーカー

別役良治| シニアセールスエンジニア Splunk Services Japan合同会社

ウェビナーコンテンツ (一部)

  • オブザーバビリティ3本柱
  • スタック全体の可視化
  • AIドリブンの監視・トラブルシューティング
  • 自動インストルメンテーション
  • Splunk APMデモンストレーション

ウェビナーを見る

次へ

a