ウェビナー

クラウド移行に伴う運用監視の変革

SignalFx Infrastructure Monitoring 今すぐダウンロード

仮想マシン、コンテナ、Kubernetes、サーバーレスの監視など、ダイナミックで流動的なクラウドインフラの監視、Infrastructure monitoringソリューションを紹介するウェビナーです。

Splunkではパブリック、プライベート、ハイブリッドといったのクラウドスタック全体の可視性、監視と調査を一元化するソリューションを提供しています。

企業がクラウドを採用する理由はさまざまですが、部門のニーズに応じて異なるベンダーのパブリッククラウドを利用する状況が増えてきたり、サービス数が増えれば複雑さが増し、システムがサイロ化すれば包括的な監視がさらに難しくなります。また監視は運用チームだけの問題ではなく開発チームも含めたDevOpsの実践も避けて通れません。

本ウェビナーではクラウドインフラの監視の課題を整理し、実践的なダッシュボードの紹介、またSplunk EnterpriseやSplunk Cloudとの連携についても解説いたします。

スピーカー

池山 邦彦 | シニアセールスエンジニア Splunk Services Japan合同会社

ウェビナーコンテンツ (一部)

  • クラウドネイティブ技術によってもたらされるスピードと複雑さの整理
  • クラウド監視のためのリアルタイムメトリクスプラットフォームSignalFx
  • Infrastructure Monitoringの紹介
     - Linux, Windowsのクラウドネイティブ環境を監視
     - パブリッククラウドの監視: Amazon Web Services, Google Cloud, Microsoft Azure
     - プライベートクラウドの監視: PCF, OpenShift
     - Kubernetesプラットロームベンダーに対応したKubernetes監視
  • IDevOpsの実践を考える

ウェビナーを見る

次へ