ウェビナー

Kubernetes Navigator

複雑化するKubernetes環境のための次世代監視ソリューション

DevOpsとオブザーバビリティの理解、SREチームやDevOpsエンジニアリングチームが直面する課題をまとめ、Kubernetes Navigatorのデモンストレーションを紹介するウェビナーです。

クラウドサービスやコンテナ技術を活用してシステムを構築する「クラウドネイティブ」がシステム開発の主流になりつつあります。

コンテナの導入が加速度的に進み、そのオーケストレーションとしてKubernetes利用が増えていますが、ある調査では約半数が 「複雑さがKubernetes導入の障壁になる」 と回答するなど、クラウドネイティブへの変革の難しさにも直面しています。

Splunkが提供するKubernetes監視ソリューション、Kubernetes Navigatorを使ってコンテナ化されたアプリケーションのパフォーマンスを把握して管理することができます。

スピーカー

池山 邦彦 | シニアセールスエンジニア Splunk Services Japan合同会社

ウェビナーコンテンツ (一部)

  • DevOpsとオブザーバビリティの理解
  • クラウドネイティブへの移行ステップ
  • Kubernetes導入の課題
  • Kubernetes Navigatorデモンストレーション
    - 環境全体の健全性を多次元で可視化
    - パフォーマンスの問題をリアルタイムで検出する
    - コンポーネント(ノード、ポッド、コンテナ、サービス)間の相互依存関係を突き止める

ウェビナーを見る

次へ

a