ウェビナー

SignalFxとSplunkで実現するオブザーバビリティ

今すぐダウンロード

相互依存するアプリケーションのコンポーネントをリアルタイムに監視する

アプリケーション開発とリリースを迅速化するためコンテナ導入が増えてくると、システムの複雑化により可視化やアラート対応に追いつかない課題があります。相互依存するアプリケーションのコンポーネントをリアルタイムに監視し、障害の根本原因を瞬時に見分け、オブザーバビリティを実現するには何が必要なのでしょうか。

サービスの拡張とクラウドネイティブなアーキテクチャを見据えたマイクロサービス、そのリアルタイムの監視手法を理解し、SignalFxとSplunkで実現するオブザーバビリティについて、デモンストレーション交えたウェビナーです。

(SignalFxは2020/10/21発表のプレスリリースにて製品名変更が発表されています)

 

スピーカー

池山 邦彦 | シニアセールスエンジニア Splunk Services Japan合同会社

ウェビナーコンテンツ (一部)

  • クラウドネイティブ環境を支えるためのオブザーバビリティとは
  • 課題「アプリケーションの開発とリリースの短命化」「各監視ツールのサイロ化」
  • メトリクス、ログ、トレースを活用した問題判別ユースケース
  • ストリームアーキテクチャによるリアルタイムの監視とアラート
  • オブザーバビリティを実現するSignalFxデモンストレーション

ウェビナーを見る

次へ