事例から学ぶ
不正行為対策
ガイド

異常の検出と不正行為対策にマシンデータを活用する

a

日常生活の多くの部分でデジタル化が進むにつれ、不正行為がますます大きな問題となっています。普段の生活ですぐに思い浮かぶアカウントは、すべて不正行為の標的になる可能性があります。アカウントには、クレジットカード番号、銀行の口座番号、メールアドレス、電話番号、住所、ユーザー ID、処方箋、会員プログラム、ゲーマータグなどがありますが、 Telefonica 社やデューク大学などの組織では、アカウントの乗っ取りや教職員の給与の横取りといった不正行為にどう対処しているのでしょうか。

事例から学ぶ不正行為対策ガイド』は無料でダウンロードしていただけます。本書の内容は以下のとおりです。

  • 各種業界で不正行為はどのぐらい増加しているのか
  • 日常生活のあらゆる場面に潜む不正行為の実例
  • 組織ではマシンデータから不正行為のフィンガープリントをどのように検出しているか

今すぐダウンロード

a