アナリストレポート

サイバーセキュリティのギャップを埋めるには 〜 分析主導型セキュリティのための3つの鍵

a

サイバーセキュリティのギャップを埋めるには

IDGの2018年セキュリティ優先度調査によると、IT専門家やITリーダーの28%が、外部からのサイバー脅威により、脅威への対策を余儀なくされ戦略的にタスクを進めることができない、と回答しています。

同じ調査では、組織内の空きポジションの平均数は 3.4であることも判明しています。つまり、すでに過剰な負荷がかかっているセキュリティチームは、ノイズをふるい分けるリソースを持たずに、さまざまなツールからの雪崩のようなアラートに直面しているということです。

CSO によるこのエグゼクティブ・ブリーフ「サイバーセキュリティのギャップを埋めるには 〜分析主導型セキュリティのための3つの鍵」をお読みください。以下の方法でセキュリティの姿勢を改善し、実際の利益を得る方法を解説しています。

  • データのサイロを排除し、データを一元化する
  • SOARへの取り組み、プロセスの自動化とセキュリティワークフローのオーケストレーション
  • IT組織内でのセキュリティの統合と最適化

今すぐダウンロード

次へ

a