ユースケース

クラウドへの移行

クラウドの導入を加速し、高いパフォーマンスを引き出すために必要な俊敏性と柔軟性を実現します。SignalFxは、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドのすべての環境をスタック全体で可視化することで、ワークロードを移行する際に生じるダウンタイムと中断を抑制します。

クラウドネイティブへの進化によってリスクを最小化

クラウド要領の管理アイコン

容量を管理してコストを削減

クラウドのプロビジョニングに関するリアルタイムのインサイトでクラウドの費用を最適化および管理します

インフラストラクチャに関するインサイト

インフラストラクチャに関するインサイト

詳細な使用レポートを利用して十分に活用されていないインスタンスを特定し、オーバープロビジョニングを解決します

製品機能
クラウドでのイノベーションを自信を持って加速
容量とコストを容易に管理

クラウドコストの最適化機能と詳細な使用レポートでインフラストラクチャコストの上昇を防ぎます。また、履歴データを使用して需要を予測することで、容量の購入を決定する前にインスタンスをプロビジョニングできます。さらに、システムに関する詳細なインサイトに基づいて拡張とリソース管理をモデル化するほか、支出の属性をアベイラビリティーゾーン、特定のサービス、インスタンスタイプ、顧客に割り当てます。

業務効率化の機会を浮き彫りにする

最初のオペレーショナルインテリジェンスを得るために、トポロジーとベースラインとなるパフォーマンスを総合的に把握します。また、運用の効率化と円滑な移行を実現できるように、インフラストラクチャの可用性とパフォーマンスを可視化します。可視性を高め、システムとビジネス健全性のメトリクスを関連付けることで意思決定の促進に役立つだけでなく、リザーブドインスタンスとオンデマンドインスタンスのどちらをプロビジョニングするかについて、より適切な情報に基づく意思決定を行えます。

あらゆるリスクを回避してクラウドネイティブのメリットを実現

レガシー環境とクラウド環境を単一のプラットフォームで一元的に可視化することで、クラウドへの移行に伴うリスクを取り除きます。たとえそれが初めての移行でも、オンプレミスとクラウドプロバイダー間の移行でも、異なるクラウドプロバイダー間の移行であっても関係ありません。リアルタイムの集計によって、複数のクラウドや環境全体でKPIとワークロードを監視できるほか、サービスの遅延、CPU使用率、ホスト数などの重要なメトリクスも追跡できます。