導入事例

AWSへの移行に向けて継続的デリバリーモデルとリアルタイムの可視化を実現したFamilySearch導入事例

エグゼクティブサマリー

100 年以上前に設立された FamilySearch International は、世界最大の家系調査機関です。Web サイトの FamilySearch.org と 132 カ国にまたがる 4,600 カ所の家族歴史センターで、家系記録を保管、管理、公開しています。FamilySearch は、継続的デリバリーモデルに移行し、Amazon Web Services (AWS) への移行作業全体を管理するとともに、Web サイトのエラーをすぐに解決できる方法を求めていました。この取り組みを始めて以来、FamilySearch は次のようなメリットを得られるようになりました。

  • 月 1 回のリリースから 1 日 900 回のデプロイメントへの移行に成功
  • 12 名の開発者のリソースを価値の高い本来の仕事へのアサインが可能に
  • AWS への移行作業全体を管理し、AWS環境の可視性を獲得
課題
    • アップデートのリリース間隔の短縮
    • DevOps モデルに移行するために、Web サイトを監視して変更をすぐに検出
    • トラブルシューティングと Web サイトの動作の安定性に関する問題
ビジネスへの影響
    • 月 1 回のリリースから 1 日 900 回のデプロイメントへの移行に成功
    • 開発者がコンポーネントの健全性を簡単に確認
    • DevOps モデルへの移行と継続的デリバリーを実現
    • リリースの実装と Web サイトの運用に携わっていた 12 名の開発者が本来の仕事に復帰
データソース
    • Amazon EC2
    • AWS Elastic Load Balancing (ELB)
    • AWS CloudTrail
    • Amazon CloudWatch
    • AWS Billing
    • ルーター
    • アプリケーション
    • オンプレミスサーバー

Splunk が選ばれた理由

FamilySearch は、ビジネスのアジリティを高め、お客様により早く機能を提供できるようにするため、AWS で継続的デリバリーモデルに移行することを計画しました。そのためには、新しいリリースの配信後に Web サイトのプロパティが変更されたことをすばやく検出できる監視サービスが必要でした。また、このサービスを実現するにあたり、DevOps デプロイメントモデルに合わせて企業文化を改変する必要がありました。この状況に対応するため、FamilySearch は、IT 環境のすべてのコンポーネントのログを、追加の開発作業なしにリアルタイムで分析できる Splunk Cloud を採用しました。Splunk Cloud を利用することで、FamilySearch はリアルタイムでエラーを検出できるようになり、1 日に 900 回以上のデプロイメントが可能な継続的デリバリーモデルへの移行を実現しました。

FamilySearch は、Splunk Cloud 経由ですべてのログデータを送信しています。このデータには、ロードバランサー、ルーター、APM ツール、そしてアプリケーション自体のデータが含まれています。次に、エラー後のバグ追跡ポリシーに準拠するため、JIRA チケットを自動作成します。FamilySearch は現在、1 日に 3.5 ~ 4TB のデータを Splunk Cloud に取り込んでいます。また、アプリケーションサーバーへのアクセス権を与えることなく、すべての開発者にあらゆる本番データへのアクセスを許可できるようになりました。そのため、スタッフがダッシュボードを作成し、リリース後のサイトの健全性を監視したり、コードのチェックインからデプロイメントまでの作業を 20 分以内に完了したりできるようになりました。

Splunk Cloud をデプロイすることで、FamilySearch は、運用に労力を注ぐことなく、弾力性、セキュリティ、拡張性といったクラウドサービス特有のメリットを享受できるようになったのです。

「Splunk Cloud は自分たちの実装より安定性が高く、私たちは、インフラストラクチャの管理に使っていた 2 つのリソースをソフトウェア開発に振り分けられるようになりました。自分たちでインフラストラクチャを管理するより、コスト効率が高いことは間違いありません。」



Gary Stokes, Director of Engineering
FamilySearch

開発のスピードと効率を向上

Splunk Cloud は、FamilySearch にとって DevOps モデルへの移行に不可欠なものとなり、開発者はリアルタイムでエラーに対応できるようになりました。FamilySearch のエンジニアリング担当ディレクター、Gary Stokes 氏は次のように述べています。「これまでは、リリースのビルドに苦労し、月 1 回のリリースが精一杯でした。しかし、Splunk Cloud のおかげで、本番システムに組み込んだアプリの動作を確認できるようになりました。今では、デプロイメントの問題がいつ起こっても、すぐに運用状態で確認することができます。Splunk Cloud を導入していなかったら、継続的デリバリーに移行できなかったでしょう。」

FamilySearch では現在、Splunk Cloud をソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC) のあらゆる段階で活用しています。開発者は、本番環境に配信した後、Splunk Cloud を利用してコンポーネントの健全性を評価しています。これにより、検出された問題をすばやく解決し、新しいアプリケーションのリリースを繰り返すことが可能になりました。

ワークロードへの Splunk Cloud の統合が完了した後、FamilySearch は 12 名の開発者を本来の仕事に戻すことができました。FamilySearch の開発者は、利用方法の習得が非常に簡単でありながら強力な機能を持つ Splunk Search Processing Language (SPL) を使って、ダッシュボードを簡単に作成できるようになりました。

Splunk ソリューションの活用範囲を拡大

FamilySearch は、すべてのアプリケーションを AWS に移行する作業の真っ最中です。AWS アカウントでのユーザーの運用およびセキュリティ関連のアクティビティをリアルタイムで把握し、AWS への移行を完全に可視化するために Splunk App for AWS を使用しています。Splunk App for AWS は、Splunk Cloud にある AWS CloudTrail、AWS CloudWatch、AWS Billing のデータをすべて分析することによって、このような可視性をもたらしています。FamilySearch は、将来、Splunk ソリューションの利用をさらに拡大し、お客様の行動に関するビジネス分析を実行するとともに、AWS のコストをリアルタイムで管理することを計画しています。

「Splunk Cloud のおかげで、コードをいつデプロイしても、すぐに運用で確認することができます。Splunk Cloud がなければ、AWS で継続的デリバリーを実現し、1 日に 900 回以上デプロイすることはできなかったでしょう」



Gary Stokes, Director of Engineering
FamilySearch