クラウドビジョン

ハイブリッドクラウドによるスムーズな移行

クラウドは、制約を取り払い、急成長を実現する機会を提供します。開発および運用プロセスを最新のものに一新する機会です。Splunkはオンプレミス環境やプライベートクラウド等を組み合わせたハイブリッドクラウド実現や、クラウドのサイロ化防止に努めています。

お客様がどのような企業規模、業界、国や地域でいらしても、クラウド戦略をお持ちのはずです。例えば、こんな質問はありませんか?

Splunkハイブリッドクラウド:クラウド環境 アイコン
Splunkハイブリッドクラウド:クラウドセキュリティ アイコン
Splunkハイブリッドクラウド:サイロ化 アイコン

ここで、Splunk の出番です

Splunk の使命は、お客様の IT 環境とビジネス環境で生成されたすべてのマシンデータを利用できるようにし、すべての人にとって便利で有用なものにすることです。

クラウドで管理している対象がアプリケーション、インフラストラクチャ、セキュリティ運用センターのいずれの場合でも、Splunk は、ビジネス環境や IT 環境で何が起きているかをリアルタイムで把握し、十分な情報を得たうえで意思決定が行えるよう、オペレーショナルインテリジェンスを提供します。

クラウドにおいて Splunk ソリューションがお客様の成功を支援できる重要領域は、5 つ考えられます。

Splunkハイブリッドクラウド:盲点を解消 アイコン

あらゆるものを可視化

ガートナーによるシンプルな格言に、クラウドを成功させる重要な要素が要約されています。「見えないものは保護できません。」1 これを延長すると、次のことにつながります。「見えないものは運用できず、見えないもののコストは管理できません。また、見えないもののトラブルシューティングはできません。」そうすると、次のことが明白になります。クラウドを的確に活用するためには可視性が必要です。

オペレーショナルインテリジェンスに最適なクラウドサービス

クラウドはサービスにほかなりません。そして、Splunk のサービスには一切の妥協はありません。Splunk Cloud の設計方針は、瞬時、安全、高い信頼性、そしてハイブリッドクラウドです。数分で使い始められるうえに、SOC2 Type II および ISO 27001 の認証を取得済みなのでご安心いただけます。2Splunk の 100% アップタイム SLA にお任せください。クラウドを分断してサイロ化することなくお客様のハイブリッドクラウド環境をサポートいたしますので、ご安心ください。

 

Splunkハイブリッドクラウド:オペレーショナルインテリジェンスに向けた最適なクラウドサービスを提供 アイコン
Splunkハイブリッドクラウド:Splunk クラウドオンプレミス アイコン

Splunkなら、SaaS とオンプレミスのいずれにも対応して、クラウドを望みどおりに構築

クラウド環境を構築する際に、自社ソフトウェアを導入したいとお考えになる場合もあるでしょう。Splunk が提供するソリューションは、オンプレミスまたはクラウドベースのサービスとしてお選びいただけます。どちらのソリューションでも、ご利用いただける豊富な機能、効果、プラットフォームサポートは同じです。さらに、Splunk のソフトウェアソリューションとクラウドソリューションを一元管理できる可視性を提供します。2 つのソリューションが運用環境内で分断した場合にも、両方をお選びいただけます。

データに関するどのような質問にも対応

データはクラウドでのビジネス変革に対する答えを持っています。Splunk ソリューションは、そうした答えを引き出す鍵を提供します。AAA (トリプルエー) (英語)では、メンバーが道路脇で緊急に助けを求めた場合に速やかな対応ができるようにしています。ガトウィック空港 (英語)は、車寄せから搭乗ゲートまでの乗客の経路を最適化して、より迅速な入退場ができるようにしています。FINRA (フィンラ) (英語) は、AWS コストとインスタンス使用状況のリアルタイムモデルを構築することで、AWS コストを最適化しています。Equinix (イクイノックス) (英語) は、画期的なクラウドベースの SIEM を導入しています。Orion (オリオン) (英語) をはじめとする IoT ベンダー各社は、インターネットに接続されたウェアラブルデバイスの最適なカスタマーエクスペリエンスを確保しています。

Splunkデータに関するどのような質問にも対応 アイコン
Splunk AWS 関連のすべてと連携 アイコン

AWS 関連のすべてと連携

Splunkクラウドのハイブリッド環境は、Adobe、Autodesk (オートデスク)、Coca-Cola (コカ・コーラ)、FINRA (フィンラ)、Intuit (イントゥイット) や NASA といった先進企業、公共機関、非営利組織での事例で定評があります。オンプレミス・クラウド双方での互換性、柔軟性の高いプラットホームで、お客様が安心して AWS に移行できるようにお手伝いをしています。

AWS CloudTrail、Config、S3、VPC Flow Logs のデータ分析や、AWS Lambda、Kinesis、IoT といったサービスの監視、または EC2 で実行中のアプリケーションを監視するだけの場合でも、Splunk はソリューションをご用意しています。

しかも、簡単にご利用いただけます。AWS 向け Splunk アプリは、事前設定済みコンテンツ、ダッシュボード、レポートを豊富に用意しており、追加費用なしでご利用いただけます

クラウドは長い旅のようなものです。Splunk がお客様の長旅をガイドします。

クラウドへの移行は、一晩で済むようなものではありません。Splunk はオンプレミス、パブリッククラウドなど様々なプラットフォームに対応したハイブリッドクラウドを提供いたします。Splunk ではソフトウェアをすべてクラウドサービスとして提供し、すべてのコーポレート IT をクラウドで実行し、SaaS 製品やサービスを基幹系アプリケーションに活用し、Web サイトを AWS でホストしています。Splunk はクラウドが道程であることを十分に理解しています。お客様の道程に同行するに際して、Splunk は 3 つの点で他社とは一線を画していると考えています。

ハイブリッドクラウドの重要性

クラウドに移行する際は、クラウドとオンプレミス環境を一元的に把握できることが不可欠です。トランザクションや顧客のやり取りはクラウドやオンプレミスシステムの全域で発生するため、可視性も全域にわたり確保する必要があります。簡単に言えば、クラウドを分断してサイロ化するのは避けたいということです。

ソリューションの重要性

プラットフォームが重要なことはもちろんですが、そこにソリューションを加えることで即効性の価値が付加されます。最先端のセキュリティ分析、データ駆動型の IT 運用分析などのクラウドサービスが求められています。そのために Splunk は、Splunk Enterprise Security (ガートナーによる SIEM のマジック・クアドラントでリーダーに選出)、Splunk IT Service Intelligence (次世代型の IT 監視および分析)、ならびにクラウドサービスとして 200 以上のアプリケーションを Splunk Cloud とともに提供しています。そして、Splunk では、お客様がカスタマイズしたアプリケーションによって Splunk Cloud を拡張できるようにしています。

エコシステムとしてのクラウド

お客様のクラウド環境は、複数のベンダー、アプリケーション、システムで構成され多様性に富んでいるため、そのすべてを見渡せる可視性が必要となります。そのために Splunk は、AWS や ServiceNow などお客様が使用する可能性の高いクラウドソリューション向けに、アプリケーション (事前設定済みのダッシュボード、レポート、分析) を提供しているのです。

Splunk のクラウドソリューションに関する詳細情報

Splunk の Splunk Cloud 動画 (英語) をご覧になるか、Splunk の Splunk および AWS のファクトシートをお読みください (英語)。すぐにお使いになる場合は、Splunk Cloud 無償トライアル (英語)にご登録ください。お客様とお話をする機会もお待ちしております。面談をご希望であれば、営業部までお問い合わせください。

 

 

1 Best Practices for Securing Workloads in Amazon Web Services (Amazon Web Service におけるワークロード保全のためのベストプラクティス): ガートナー、2015 年 4 月、Neil MacDonald、Greg Young

2 1 日あたり 20GB 以上のデータ収集を見込んだ顧客の Splunk Cloud 環境向けに取得された SOC2 Type II および ISO 27001 認証。